人生負け組

ポケモンのことをかく

SMシーズン2 アシレナットサイクル 最高&最終2018

なんとか今回もレート2000を超えることが出来たので、使用していたPTを公開します。

 

f:id:kurukuru_syati:20170320225240j:plain

f:id:kurukuru_syati:20170321010141j:plain

 

ボーマンダ@メガ石 威嚇→スカイスキン 無邪気H4A252S252

捨て身タックル/流星群/地震/火炎放射

カプ・テテフ@こだわり眼鏡 サイコメイカー 控えめH236B108C164

サイコキネシス/ムーンフォース/10万ボルト/シャドーボール

アシレーヌアシレーヌZ 激流 控えめH156B172C116D12S52

泡沫のアリア/ムーンフォース/アンコール/アクアジェット

アローラガラガラ@太い骨 避雷針 意地H252A116B4D68S68

フレアドライブ/シャドーボーン/岩石封じ/鬼火

ナットレイ@こだわり鉢巻 鉄刺 勇敢最遅H252A252B4

ジャイロボール/種マシンガン/パワーウィップ/叩き落とす

ポリゴン2@進化の輝石 アナライズ 図太いH244B244D20

トライアタック/冷凍ビーム/イカサマ/自己再生

 

個別解説

ボーマンダ

環境に多いナットレイを見るために炎技は確定とし、広範囲を見られる型を使おうとしたところ、上からの流星群でドラゴンに強く、多かった砂パに刺さる地震、火力の高い捨て身タックルを採用した型となった。Cに振らない場合、文字でもナットレイを一撃で落とすのが厳しいため、命中安定の放射を採用した。

選出した回数はあまり多くないものの、出した試合では流星外しなどをしない限りはきちんと活躍してくれた。

選出率5位

カプ・テテフ

サイクルを回す上で、圧倒的火力で受けを崩していく為に、非常に火力が高い眼鏡テテフを採用した。

調整はCに耐久無振りのメガガルを最低乱数以外落とせるまで振り、H16n-1かつ陽気メガマンダの捨て身を確定で耐えるまでHBに振った。

対面性能が非常に高く、適当に投げてサイキネを打ってるだけで強かった。ただ、KP1位ということもあり、きちんと対策されていることが多く、そこまで頻繁に選出はしなかった。

10万ボルトを打つ機会があまり無かった為、ショックあたりに変えても良かったかもしれない。

選出率3位

アシレーヌ

今回のMVP。命中不安がないため運負けもほとんど起こさず、刺さるPTが多くほとんどの試合で選出した。Z持ちということもあり、いい感じにサイクルを崩していって活躍してくれた。

調整はH16n-1かつ意地鉢ガブの地震程度まで確定で耐えるようにHBに振り、シンフォニア+アクジェで耐久無振りのリザYをいい感じの乱数で倒せるまで振った。HDはギルガルドのシャドボを2耐えするように振り、残りはSに振った。

とりあえず投げてZ技を打つ動きが強く、激流が発動すればメガ枠にも対面から勝つことができた。また、砂パに強く出ることができ、バシャやガモスも受けだしから勝つことができた。アンコールは、Zを打った後に起点になることを回避できたりと使いやすかった。

選出率1位

ナットレイ

いつもの相棒枠。愛情で採用したのではなく相性保管などを考えているといつの間にか採用されていた。環境が変わってもその崩し性能と受け性能は強力で、今まで通り対砂パ性能やガルガブはもちろん、増えたパルシェンやギャラ、7世代のカプ全般やミミッキュにも強く出られた。

6世代と比べヒードランが減り、襷パルやミミッキュなど、種ガンが刺さる相手が増えたためそっちを採用した。地ならしが欲しい場面もあったが、種ガンを使う機会のほうが多かったため、これでよかったと思う。

PT全体できつめなゲンガーが初手でくることが多いので、ゲンガー入りには基本初手で出して崩しにいった。スイクンが減り、レヒレが増えたため、熱湯で火傷するといったことが減り、6世代以上に活躍してくれたと思う。

選出率2位

アローラガラガラ

カグヤ、バシャ、ガモスに強く、1匹でPTを壊滅させかねないフェローチェボルトロスに対し絶対的に強く出られるため、採用。

個体はシーズン1で使ったものを流用した。ガラガラと当たることはほぼ無く、めざ地持ちもほとんどいなかった為、最速でなく耐久に振ったこの型でよかったと思う。

シャドーボーンとフレドラは確定で、よく受けに来るガブなどに刺さる鬼火も採用。残り1枠はガモス、リザYに強く出られ、命中が高い岩石封じにした。

選出する機会は少なかったが、レボルト、フェローチェが見えた時は基本選出し、相手もそれをほぼ選出してきたため、出した時はしっかりと活躍してくれた。

選出率6位

ポリゴン2

普通のHBポリ2。技構成は再生は確定として、マンダに強く出るために冷凍ビーム、出来るだけ大きい負担を与えられるようにトラアタ、最後はメタグロス、リザX、剣舞ミミッキュ、ガルーラ等のポケモンにぶっ刺さるイカサマを採用した。PGLを見ると、イカサマはあまり採用されていないが、毒々を採用するよりも、積んでくる物理ポケモンを一方的に倒せるイカサマのほうがよっぽど有用に感じた。

よく凍った。

選出率4位

 

最後に

今期もあまり潜れなかった(潜らなかった)ため、最終日に一気に上げるという形になってしまったが、なんとか2000は超えることができた。パーティ自体は、シーズン終盤にポリ2をアナライズにするなど微調整は加えたが、中盤の時にほぼ出来ていたので、もう少し頑張れた。また、パーティの完成度は個人的にはサイクルとしてかなりしっかりしていたと思うので、またいつも通りの結果で終わってしまうのは、悔しい。というか毎回2000乗せて終わり、になってるからそろそろなんとかすべきだと思う。

PTの経緯書こうと思ったら全く覚えてなくて書けませんでした。

おわり

 

追記

f:id:kurukuru_syati:20170321174446p:plain

最終順位434位でした。